シャワーだけの人は損してる!? お風呂で健康&キレイになる秘密TBCオンラインショップ

Amazon Pay、LINE Payがご利用いただけるようになりました

シャワーだけの人は損してる!?
お風呂で健康&キレイになる秘密

vol.1  2020.10.16

あなたは毎日お風呂に浸かっていますか??
最近はシャワーだけで済ませている人も多いのではないでしょうか。
実は、お風呂に浸かることは健康にも美容にも良いことがいっぱいなんです!!

今回は、なぜ入浴が美容と健康に良いのか説明していきたいと思います。
まずは一般的に言われているいる3つのメリットから。

①温熱作用

お風呂に浸かると身体が温まりますよね?これが温熱作用です。

身体が温まると、血管が広がり、たくさんの血液が身体中を巡るようになります。血液によって全身の隅々まで酸素や栄養分が運ばれ、老廃物や二酸化炭素は回収されます。お風呂に浸かると疲れが取れやすいと言われるのはこういう理由なんですね。シャワーだけではこの効果は減少してしまうそうです。

②静水圧作用

バスタブ程度の浅さでも水圧はかかります。
お風呂での水圧はウエストが3~6㎝細くなることもあるとか!

これは水圧によって体が締め付けられているからです。立ち仕事などによる足のむくみに入浴がいいとされているのは水圧により、足に溜まった血液や体液が心臓に押し戻されるからです。
温熱作用と合わせて血液の循環が促進されるからむくんだ足もすっきりするんですね!
※ 痩身効果を保証するものではありません。

③浮力作用

プールや海で身体が浮かぶように、お風呂でも浮力がかかります。
肩まで水に浸かっている場合、体重は10分の1ほどになるとも言われています。
全身を支えていた関節や筋肉が重みから解放され、リラックス♪
参考文献:入浴によって得られる作用 日本浴用剤工業会

次におすすめの美容効果を高める入浴方法について 紹介したいと思います。

  • ①お湯の設定温度はぬるめの38~40℃

    じっくりと身体が温まり、じんわり発汗する38~40度がおすすめです。熱すぎるとお肌が乾燥しやすくなるのでおすすめできません。 また、入浴の際はこまめな水分補給もお忘れなく!!

  • ②入浴時間は15分から20分

    あまり長時間浸かると、熱すぎるお湯に浸かるのと同様に お肌が乾燥しやすくなってしまいます。 お肌のうるおいを保つためにも適度な時間、入浴することが大切です。 音楽をかけながらお風呂の時間を楽しむのもおすすめです☆

  • ③入浴剤・入浴料をプラスしてリラックス&リフレッシュ

    炭酸力で温浴効果をサポートしたり、疲労回復や冷え性におすすめな入浴剤や、 色や香りが楽しめたり温室効果のある入浴料を使用することで リラックス効果やリフレッシュ効果も期待できます。 自分の好きな香り・好きな色の入浴剤を選ぶと楽しく続けられますよ

さらに、入浴時や入浴後もちょっと工夫するだけで美容効果を高められます!
お風呂に浸かりながらのマッサージで、血行促進!

とろみ湯で入浴しながらマッサージ&めぐりスムーズ&血行促進

お風呂の後は、保湿もしっかり! 入浴後はお肌が乾燥しやすい状態。 できるだけ早くスキンケアしましょう! シートマスクもおすすめです。

今回、入浴のメリットと美容効果を高める入浴方法について紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
毎日のバスタイムは、美への第一歩!!
どれも簡単に実践できるものばかり。是非、今日からお試しください♪